Topics

  1. ホーム
  2. Topics
  3. 今年で10年目 世界遺産 高野山で「杖の点検相談会」開催

今年で10年目 世界遺産 高野山で「杖の点検相談会」開催

7月21日(土)8:00から高野山金剛峯寺 中の橋参道入口にて、「杖の無料点検相談会」を実施しました。理学療法週間に伴う事業で、今年10年目を迎えました。高齢者が多く参拝に訪れる世界遺産 高野山は、標高867mで都市部より5~10℃気温が低く、ひと夏のうち30℃を超える日が数回しかないと言われている避暑地です。今年は全国的に酷暑となり命にかかわる危険な暑さが続いていますが、この日の高野山の最高気温は28℃で日陰に入ると涼しく感じ、樹齢数百年の杉木立の中はひんやりとした別世界でした。

今年も杖の高さ調節や、杖先ゴムの無料交換を行い、協会オリジナル団扇とポケットティシューを配布して、多くの方々の笑顔と出会うことが出来ました。「さっそくお大師さんのご利益があった」と喜ばれ、何度もお礼の言葉を頂いたり、帰りがけにキャンディーを持って来てくれたりと、知らない人との出会いを非常に楽しく感じる時間でした。今年は10年目を迎えたことで、団扇のデザインをこれまでのものと変え、外国人(特にフランス人)が多く訪れることから、5か国語(フランス語、英語、韓国語、中国語、日本語)で「理学療法」の文字を入れてみました。外国人の方が自国語で書かれている「理学療法」の文字を指さしている風景を見て、ちょっぴりですが世界レベルでの理学療法PR活動ができました。

 

このページの先頭へ